投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

蒸着~透明度(可視化モデル)~

イメージ
弊社ブログ『キリンノメ』に過去に投稿したものを再度のご紹介いたします。 2011年1月に投稿したものですが、今でも継続的にアクセスしていただいています。 キリンノメ『蒸着~透明度~』 https://ameblo.jp/kirineyes/entry-10767236938.html 閲覧いただき、ありがとうございます。 タイトルにある『蒸着(じょうちゃく)』の紹介ですが、蒸着とは透明にするのが目的です。 同じ形状のふたつを並べて置いてみました。 ちがいがわかりますか? 左側は白っぽくなっており緑のカッターマットにある白い線があるのは見えますが、 くっきりとしていません。 右側は透明感があり白い線がハッキリ見えます。 左がbefore、右がafterになります。 同じ素材で同じ加工方法で、同じ工作機械で加工しております。 それなのにこのちがいがありますが、磨いているわけではなく蒸着しています。 材質はともに樹脂で、PC(ポリカーボネート)という素材。 耐衝撃性が強いことから防護盾に使用されることがあります。 硬さもありますから、この材質を磨くのはたいへんです。 磨いて透明にする、レンズのような透明品がほしいという場合にはこのPCではなく アクリルがおすすめです。 PCを蒸着する場合、レンズのように傷もない透明感ではなく向こうに何があるのかが 見えるように可視化したいという場合に選択されています。 ここで、個別に拡大写真をお見せします。 まずは切削加工のみの削ったままの状態です。 白くすりガラス状で加工した跡もうっすら確認できます。 そして、こちらが削ったままのものを蒸着したものです。 透明感が出てきたため照明で光っているのがわかります。白い線もくっきりしています。 削った跡も目立たくなりました。 蒸着を簡単に説明します。 PC(ポリカーボネート)やABSなどは、貼り合わせで作る場合溶剤を使用します。 溶剤は、文字通り溶かすわけで樹脂を溶かして接着しております。 その性質を利用して、この溶剤を気化させてその蒸気で製品をあぶります。 つまり表面を溶かして透明にしています。 こちらのサンプルは加工したまま蒸着しておりますが、もう少し透明感がほしい。

ノートPCユーザー向け 姿勢改善ノートパソコンスタンド

イメージ
仕事で使用しているパソコンはノートパソコン、営業の仕事についていらっしゃる方は その割合が多いのではないでしょうか。 弊社の営業部はまさにそうで、ノートパソコンを使用しています。 緊急事態宣言が発令中(一部で解除される見通し)の中、お客様への訪問ができない ところが多くデスクワークの時間が増えています。 そうするとパソコンに向き合うことが増えます。 背中が丸くなり肩がこる、そんな現実がありましたから少しでも改善ができないかと 思って、まずはMakuakeで出ていました MOFT Z を体験しました。 体験レポートはこちらで紹介されています。 https://www.makuake.com/project/moft_z/communication/detail/361537/ 角度が可変できるため可能性が広がりますから、実際に使用していい商品だと実感。 25度がおススメです。 角度を上げることで快適になる、それがわかったので弊社でも簡易的に角度を上げる ものを作ってみようと思って試作しました。 姿勢改善(肩こり軽減?)ノートパソコンスタンド 材質:シリコン(硬度40度) 寸法:直径40mm×高さ34mm こちらに2つノートパソコンの後ろ側を乗せてください。 15インチのノートパソコンを乗せると約9度の角度をつけることができます。 実際にこのような商品は探してみるとすでに販売されています。 高さは20mmくらいなのに15度と記載されています。その商品に15インチの ノートパソコンを乗せると5度くらいになると思います。 購入者のレビューを見てみると満足されています。 MOFT Zを使用経験から角度をつけた状態で、そのままタイピングができるのは 個人的な印象ですが25度までだと思います。 少しでも角度が上がれば姿勢がよくなるため長時間、パソコンに向かっているので あれば角度をつける方が楽になるでしょう。 こちらの試作品はシリコンゴムですからパソコンを乗せても滑り落ちることは ありません。 ゴムのためグリップ力があります。ホコリがついてくると滑りますので水洗いすれば グリップ力は戻ります。 ノートパソコン以外の用途としては、スマートフォンを横向きにして立てかけられます。 おうち時

ヘアライン加工

イメージ
弊社ブログ『キリンノメ』に投稿したのが2010年10月19日 10年近く前に投稿したものが今でもアクセスしていただいていたので、あらためて ご紹介します。 キリンノメ『アルミの加工~ヘアライン~』 https://ameblo.jp/kirineyes/entry-10681649267.html ヘアラインとは、一方向に均一に研磨していく表面処理のことを言います。 イメージはこのような仕上がり。 今では音楽を聴くのは携帯型の音楽プレーヤーやスマートフォンで、サブスクで聴くのが 普通ですが、昔のオーディオと言えばコンポ(コンポーネントステレオ)でその前面の パネルがこのようなヘアライン処理されていました。 ステンレスのシンク、駅のホームの手すりなどにも施されています。 ヘアライン処理することで表面のツヤが消えて(光沢がなくなり)、シックな落ち着いた 雰囲気になり高級感を演出していたりします。 これは感性のちがいがあるので、光沢がある方が高級感があると感じる人もいますので それを否定するわけではありません。 ここで先日、紹介したDOOROPENER M ver4を見てみましょう。 これはマシニングによる加工のみでヘアライン処理はしておりません。 切削した跡、切削目(せっさくめ)とかツール目(ツールメ)とか加工現場では 表現していますが、工具(エンドミル)がぐるぐるまわったカッターマークが 2枚目(縦)の写真ではわかると思います。 これを美しいと感じるかどうかはそれぞれの主観です。 この表面にペーパーで簡易的に一方向で磨いてみたのがこちらの写真。 ツヤが消え(光沢がなくなり)、一方向に傷がついている感じになりました。 これは適当にペーパー(紙ヤスリ)で磨いただけです。 元の加工した跡の切削目が完全には消えていません。 これは参考のために磨いただけですから、お世辞にもキレイとは言えません。 こういったフラットな面であれば切削加工後に、一方向に研磨していくのは難しく ありません。 しかし、3D形状や凹凸のある形状では難しくなります。 弊社ではヘアラインのような仕上がり、つまり一方向の均一な切削目にすることを 行なっております。 工具の走らせ方(動かし