投稿

シリコンゴムの試作用途:医療関係の試作、治具

イメージ
シリコンゴムの製品でも試作は行なっています。 試作段階から金型を作って対応されているかもしれませんが、いろいろと検証を進めている間は製品としては数個レベルでいいというのが現状。 実際にゴムの成形メーカーから試作のご相談をいただくこともございます。 それではどんなものがあるのか、どんな用途で希望されるのか。 今はスマートフォンが当たり前で、若い世代はガラケーなんか使っていない時、携帯電話にはボタンがあり、薄型化や小型化されスライド型のガラケーがありました。 そのボタンをシリコンゴムで作りたいというご注文をいただき、樹脂型で複数個取りにして試作していました。弊社で作ったものにシルク印刷を行ない製品になっていくのは懐かしい思い出です。 ボタンというのはハードタイプになるとゴムではありませんが、ソフトなもので押し込む感覚をもとめられるものはシリコンゴムで作っていることがあります。 わかりやすいように赤色にしていますが、こういったボタンはゴムで作っています。 最近のご注文では医療関係の製品の試作でシリコンを希望されています。 こちらの製品は試作段階でもありますし秘密保持契約を結んでいるため写真でご紹介することができません。 形状が複雑なものもございますが、『製品化したい』その想いに応えたいため試行錯誤しながらお手伝いをさせていただいています。 医療関係だけではなく、製品の治具として硬いものだと傷つけてしまうためゴムでマスキングする目的でご注文をいただいております。 シリコンゴムは、硬度が40度と60度がいちばん多いですが、他の硬さも選べます。 いちばんやわらかいもので20度、そこから10度きざみで30度、40度、50度、60度でいちばん硬いもので70度になります。 70度だけ半透明の選択はできません。 着色も可能ですが、ご注文は元々のシリコンの色の半透明か黒が圧倒的に多いです。 写真の半透明がシリコンゴムのそのままのもので、それに青色の染料とラメを入れて硬化させたものです。 社内で実験的に試したもので、作ってから使用用途を考えて・・・光を当ててみてはどうかと思ったのがこれです。 最近ではDIYを趣味にされている人もいらっしゃいますので、デスク周りを飾るものにシリコンゴムでアクセントをつけたいなんて声がないかなと考えたりもしています。 テレワークで自宅でノートパソコンを開く機会

限度Rガイド AnsweR(アンサー)

イメージ
お客さまとの打ち合わせで切削加工の場合によくある問い合わせでよくあるのが、 『加工Rが残ります』ということがあります。 図面にその部分にマークをしてお送りしますが、そのイメージがつきにくいことが あることからそれを可視化しました。 それが今回、ご紹介する限度RガイドAnsweR(アンサー)です。  昔は図面ですべてをあらわされていましたが、今では3Dでモデリングされたものを いただくことが多くなってきました。 CAD上で加工Rをつけて表現しても、それが大きく感じられることがあります。 画面上ですから拡大してみると、そう感じてしますのは仕方ありません。 ですから、それをイメージしていただくために弊社の営業スタッフはこちらを携帯して お客さまと実際に打ち合わせの際にご覧になっていただけるようにしています。 元々、営業マンの打ち合わせツールでしたが、特に設計されている方からの反響が大きく 一般販売することにしました。 製品名:限度Rガイド AnsweR 材質:①A5052(アルミ)②PC透明(ポリカーボネート) 価格:①税込5,500円 ②税込4,400円 ※送料別途必要、発送はヤマト運輸のネコポスでの発送になります。  ボールチェーンは付属しておりません。 ご希望の方は弊社 ホームページ よりお申し込みください。 お問い合わせ💻→ https://ssl.xaas3.jp/s3042465/login/inquiryedit 以下の5つの項目を入力してください 当社連絡先※ [〇]大阪本社 会社名※ 限度RガイドAnsweR希望 お名前※ メールアドレス※ お電話番号※ お問い合わせ内容※ 希望される材質、数量 ご住所は後ほどご確認させていただきますので未入力でも問題ありません。 弊社、twitter( @ms_osaka )で先行して紹介しておりました。 https://twitter.com/ms_osaka/status/1339451554856722434?s=20 製品は2部品で構成されています。 左の部品の上に、右の部品が合わさったカタチですが、別部品にしているのには理由があります。 左のベースでは底についたフィレット面のRの大きさがカバーを外すことで見やすくなります。 フィレットのRの大きさは、R0.25、R0.3、R0.5、R1.0、R1.5、R2.

限度Rガイドで打ち合わせ

イメージ
お客さまからいただく図面や3Dデータを見ると、エッジで設計されている箇所が 切削加工では加工Rが残るケースがあります。 エッジをもとめられているのは相手部品が干渉しないようにというころもありますし、 強度の問題、デザイン的な理由などございます。 量産では問題ないことですが、試作段階の切削加工になると勝手が異なります。 エッジが必要であればニガシ形状で回避する提案もしますが、小さいRなら問題なしと 承認いただけることもあります。 そんな時に打ち合わせで、擦り合わせをしていきますが数字でのやり取りだと イメージできないことがあります。 そのため限度Rのサンプル品を弊社の営業マンが持っていますのでご覧になりながら 打ち合わせを行なっております。 先日、このサンプル品を弊社のtwitter( @ms_osaka )でご紹介させていただきました。 思いも寄らない反応でした。(いいね!466件 リツイート125件 コメント6件) 営業マンがお客さまと打ち合わせの時にこの限度Rを見ていただくとわかりやすい。 これまでは「最小Rで」という表現でした。 これはお客さまと営業担当者の間もそうですが、営業担当者から加工担当者での 打ち合わせでも同じく「最小Rで」と指示。 加工担当者側からすれば、それを緩和していただければ加工時間が短縮できる。 工数が減らせれば納期短縮になりますし、工具を使い分けることによるわずかな 段差がつく懸念もなくなります。 その最小Rを具体化させるために数字でも可能ですが、目で見てわかるものが いちばんハッキリします。 それを実現するために作ったのが、この限度Rガイドです。 たくさんの反響をいただきましたので、現在限定数での販売準備中です。